『羽根蝶々結び」浴衣帯2019年人気ナンバー1

浴衣

スッキリしない梅雨空ですが、
浴衣の季節もすぐそこ、花火大会!夏祭り!も目白押しです!

2019年オススメ『羽根蝶々結び」

『羽根蝶々』は浴衣と帯があればOK!

巷で話題の仮紐いらずでしかもカンタンな帯結びです。

しかも、作り帯ではありません。

『いかにも』て感じのする作り帯をよく見かけますが、
こんなにカンタンで見栄えの良い結び方があるのですから、
絶対オススメ!

ナイショの話、スタンダードな浴衣帯結びの文庫帯よりもカンタン!

帯によってイメージがこんなにちがいます!

花火大会での実際の画像です。

蝶々結び

リバーシブルの帯です。

浴衣や帯の色、そして着る方によって
こんなにイメージが違いますね。

コツはこれだけ

片方を長めに

一番のコツは蝶々結びを結ぶ方の帯を手はば2つ分くらい(40センチ)
長めにするだけです。

蝶々結び

喋々結びを結びます。

一つ目の羽根

あまった帯で、蝶々を結んだところを交互に
羽根のようにくぐらせ蝶々結びの上に羽根のように飾ります。

羽根蝶々の完成です

蝶々結びの上の交差の羽根を自分なりにアレンジしてみたり、
表に出る方の色や柄の羽根のパターンを変えてみれば
オリジナリティーのあるかわいい後ろ姿になります。

しっかりした博多帯では、ちょっと結びにくいかもしれませんね。
今風のやわらかい帯でしたら、ちょうど良い結び心地な『羽根蝶々』

帯の長さや、色合い、体型によって
同じ結び方でも見栄えは全然違いますね。

前がシンプルでさみしいなと思ったら、

オススメ帯飾り

みんなに差のつく、帯飾りがオススメ!