休薬中に他の転移も点検

総合医療センター 乳がん肺転移治療中

イブランスは三週毎日投薬し、
次の一週間は休薬期間になります。

その休薬中に残りの検査を受けることになりました。

骨シンチグラム検査

午前中にRI薬品を静脈注射して午後に撮影です。
食事制限もなく、検査中も静かです。

検査を受ける直前まで尿を排出しないといけないので
(黒く映ってしまうため)、トイレに行くぐらいです。

服装も自由、金属類は外します。
検査費用も1万円以上します。

CT

喘息の持病のため、造影剤をしない時が多いのですが
今回は肝臓他の検査が必要なため、造影剤入りでやります。

造影剤はアレルギーや気管支喘息には要注意(副作用が出やすいそうです)のため、
検査前の問診では
『咳が出るだけで、自称ぜんそくの人が多いので』ということで
いつ・誰に診断されたのか、ぜんそくの発作はいつ出たか、投薬の期間はなどを
しつこく入念に問いつめられました。

【気管支喘息の治療薬いろいろ】

シムビコートやレルベア

レルベア シムビコート

最近投薬されたのが、アドエア500でした。

アドエア500

呼吸器専門医のクリニックで投薬されていても
気管支喘息の証明にはならないのでしょうか?

医療機関では、専門的な問題でさまざまな疑問も多いものです。
マイナンバーよりカルテ一元化とっととやってほしいものです。
同じ乳がんの検査2ー3回受けてる間に
悪性度の高いがん細胞が増殖した可能性も否定できませんからね!

心配した割には、一瞬でカラダが熱くなって
撮影も一度の息止でOKでした。

水をたくさん飲んで副作用がこわい造影剤は
一刻も早く排出しました。

検査結果

次回の診断、血液検査、注射、投薬までお待ちくださいませ。

これまでの経過

乳がんの肺転移?

癌性〇〇〇〇症 癌性〇〇炎の疑い

肺腺がん?

呼吸器科へ入院しました

乳がん肺転移の治療スタート(イブランス1週目)

検査結果もお楽しみ?(イブランス2週目)

ちょっと痛恥ずかしいお尻へ注射(イブランス3週目)