雪持文様

【読み:ゆきもちもんよう】

草花などに雪の降り積もったところをあらわした文様です。
桃山時代初期の繍箔にうかがわれ、
この時代には、「雪持文様」が好まれたらしく、
その他の遺例も多くあります。

当時の表現は、後世のような雪輪形として整理されず、
雪が、あたかも「わた」を盛ったような形で
笹や葦の葉にのせられています。

コメント