【読み:あわせ】

袷とは、表地に裏地を縫い合わせる
仕立ての裏地つきのきものです。

着用期間は10月はじめから5月末までです。

裏地にはすべりの良い羽二重などを用います。
裏身頃、裏袖、裏衿、裏衽は胴裏とよばれる生地で、
また以下裾までの部分には裾回しや八掛とよばれる
生地で仕立てられます。

留袖や訪問着などの裏は、
表地と同じ共布で仕立てられます。

袷に仕立てる、袷仕立てというと、
裏地つきのものということになります。

コメント