銅抜き

【読み:どうぬき】

和服の仕立て方の一種、
または、その仕立てをした衣服をいいます。

「額仕立て」とも「人形仕立て」「胴貫」ともいいます。

表着や襲下着を着たとき、
表から見えやすい衿、衽、裾、袖口布、振り布に
上等の生地をつけ、胴に別布をつけました。

18世紀末ごろ、襲下着に始まり、
男女に用いられましたが、
遊女も打掛の下に普段着として用いていました。

「回り下着」、「ぐるり下着」ともいい、
周囲を色無地にしたものを「額無垢」といいます。

明治時代以降は、「鏡仕立て」といい、
これは、帯の仕立て方にも利用されました。