霰文

【読み方;あられもん】

霰文は江戸小紋によくある文様です。
降りかかるのは雨か雪か霰かという、
霰をも図案にしています。

霰は雨まじりで重い音がする感じですが、
霰は粒の大小はあっても飛びはねるような勢いがあるもの。
丸く不規則な点々を自由に描いてできた図案に
この名をつけたのでしょう。

小紋染の霰文はなかなかモダンな文様で、
武士の裃に使われていたというのに、
現代の若い人が、江戸小紋の「黒字に霰」を、
これなら着てみたいといいます。

時代が変わっても命の長い文様のひとつです。
霰は、空から降る霰を文様化した自然文様ですが、
割付文様のひとつ石畳文も、霰文とよばれています。

これは入れ替わり文様といって、
同じ大きさの同じ形が連続して、
隣り合う形の色が入れ替わりに変わるものです。
現代では市松といえばわかりやすいでしょう。

コメント