綴れ織

【読み:つづれおり】

綴錦ともいい、古い歴史のある織物の技法で
古代エジプトから中国で発達しています。

綴るように織りながら文様をみせていく織り方は、
単純なようで手織の精緻さがあります。
織り上がった生地は厚みがあり、
張りのある質感で、表面には緯糸だけがみえます。

日本に伝わったのは奈良時代といわれており、
正倉院にあるのも唐風の綴錦の一つです。

中国では刻糸とよび、宋、明、清の各時代の綴は
渡来品として珍重され、茶入れの仕覆などに
仕立てられたものが残っています。

西洋の中世の綴織りはタペストリーとして教会用、
王室や貴族階級の室内装飾に用いられました。

京都の祇園祭の山鉾、
滋賀県長浜の山鉾の飾りなどで、
桃山時代に輸入されたタペストリーをみることができます。

コメント