膨れ織

【読み:ふくれおり】

二重織で表面をふくれ上がらせて幾何学、
花柄などの模様をあらわします。
クロッケとは、フランス語で
「水ぶくれ、水泡」という意味があります。

表と裏が無地で色違いのものや、
表が無地で裏がチェックのように裏表の織柄を変えたもの、
表が綾織で裏が平織のように組織を変えたものなどがあります。
二重織の一種で、表と裏を別の織物のように見せる織物です。
リバーシブル、ダブルフェース、ツーフェースともいいます。