塩瀬羽二重

【読み:しおぜはぶたえ】

絹織物の一つです。
経糸が密であり、緯糸を太くして畝織りとしたものです。

帯地、袱紗、半衿などに用いられます。

「塩瀬」の名称は、
千利休の袱紗所であった塩瀬九郎右衛門の名からつけられました。