【読み:ひとえ】

五ツ衣の下に着る、裏のない単衣仕立てにした衣類の総称です。

袷に対する語で、多くは夏用の単衣の長着の略称として用いられます。

更衣は日本の風土に合わせたもので、
初夏と初秋に着る単衣と盛夏に着る単衣があります。

6月と9月は、縮緬、御召など、
袷と同じ生地の単衣仕立てのきもの、
7.8月は絽、紗、上布、麻縮など薄物の単衣を用います。

または古服の名で、衵の下に男女ともに着用した裏のない衣のことです。

この衣はもとは直接肌に着けたものといわれていますが、
後世では白小袖を下に着ます。

その形状は以上の衣と似ていますが、
裄・丈の寸法が一層長大に仕立てられており、
表着との配色関係から色は紅のほか
青・黄・白などが用いられ、
これが五ツ衣の下にあらわれて
女房装束の配色美をととのえる上で
重要な役割をはたしています。

単の端は「捻る」といって、くけずに糊で巻いてあります。

地質は固地綾、文様は唐花菱を組み合わせた幸菱が用いられています。

夏は単重といって単二枚を縫わずに袖口、
褄などをひねり重ねて一枚の衣のようにし、
表・裏の色には重色目を応用しました。

コメント