単帯

【読み:ひとえおび】

裏の付いていない、一枚織りの帯です。

帯幅で織って作り、「て」と「たれ」の端の部分を
始末して仕上げます。

単帯は夏用ですが、
絽、紗は礼装向き、羅や麻は礼装以外に用いられます。

薄物の帯で透け感の強いものの場合に、
帯芯を入れて仕立てる方法もあります。

帯芯の色を選ぶことで、
表地の隙間から下の色が見える効果があり、
印象が変わります。

単帯で有名なものに、博多帯や綴帯があります。
博多帯は盛夏以外のシーズンに着用でき、
綴帯は四季を通じて着用できます。
また、博多帯にも盛夏用のものがあります。