御所解文様

【読み:ごしょときもよう】

宮中や公家の周辺にあるものを題材とし、
江戸中期から後期にかけて小袖に用いた模様のことです。

御所車や几帳、冠、檜扇、宮殿楼閣に、
四季の植物や山水などを配したもので、
友禅染や刺繍で華麗に表したものです。

コメント