真綿

【読み:まわた】
繭を引き伸ばして作ったわたです。
出がら繭や汚れ繭、玉繭、揚繭など、
製糸できない葛繭などからとります。

屑繭を煮沸し、精練した後で、綿上に引き広げます。
控えめな光沢があり、柔らかくて軽く、また暖かいです。

防寒用の衣類の引き綿や布団綿などに使用したり、
紬糸の原料とします。
紬糸を作る真綿には、数個の繭を袋のような形にのばして作る
「袋真綿」と、正方形の木枠にかけて作る「角真綿」があります。

紬糸の原料としては、耳のない袋真綿のほうが良質といわれているそうです。