【読み:ろ】

生地の織り方のひとつで、透ける生地なので、
夏物に用います。

平織りとからみ織りを組み合わせ、
経糸と緯糸を絡ませて透き目を作るように織ります。

間隔をあけて隙間を作ったもので、
隙間と隙間の間の緯糸の数で三本絽、
五本絽、七本絽と呼ばれます。

経に隙間を配した絽もあり、経絽といいます。

絽には平絽、駒絽、紋絽、絽ちりめん、
絽綴れなどの種類があり、絹糸、レーヨン糸、綿糸で織られます。

着尺地、襦袢、帯地、半襟等様々な盛夏用のものに用いられます。

コメント