染め帯

【読み:そめおび】

白生地に友禅染や型染め、
絞り染め、﨟纈染めなどを施したものを染め帯といいます。

カジュアルなものから華やかなものまで多種多様で、
季節感や遊び心にあふれたものは、小紋や紬に合わせる洒落帯に、
金彩づかいなどの豪華なものは準礼装にも使えます。

染め帯に用いる白生地は、
縮緬や綸子、紬、麻などのきもの地と同じ素材を使うので、
仕上がりは柔らかく優しい雰囲気になります。

そこに描かれる模様も季節感のあるものが多いので、
季節に合わせて素材や柄を替えるのも、染め帯ならではの楽しみです。

コメント