木綿

【読み:ゆう】

「ゆふ」ともいいます。

楮の皮の繊維を蒸して水に浸し、
細かく裂いて連続させて糸にしたもの、
またその織物、ときには、その繊維そのものをさします。

奈良時代の繊維製品として広く用いられ、
純白にした繊維は、神事用に供えられました。

この種の糸で織ったものが「妙」や「太布」の類です。