更紗文様

【読み:さらさもんよう】

更紗は、鎌倉・江戸時代にインド、ジャワ、ペルシャなど
から伝えられた染めの木綿布のことです。

人物や、鳥獣、草花など豊かに表すなど、
エキゾチックな文様を総称して更紗文様といいます。

手描きと型染めの両方の技法を使い表現します。
小紋や帯など広範囲に使われています。