江戸時文様

【読み:えどじもんよう】

江戸時代後期から使われている特色ある文様です。

柄の特色として、『源氏物語』等の文芸作品が
モチーフとなっている物が多く、
武家女性の日本の古典文芸に対する
豊かな教養をうかがわせる文様が多く用いられました。

または、小袖の染め模様の一種で、
武家小袖風の模様で、「御所解文様」に対する語です。

コメント