【読み:つむぎ】

本来は紬糸で織った絹織物をさします。

紬糸は、真綿を引き伸ばして細く糸にしたものですが、
手紡ぎは非常に高価なため、玉糸、木綿、毛、合繊の節糸を使い、
外観上ざっくりとした紬の風合いに似せたものを「紬」と呼んでいます。

紬織りの代表的なものは、
関東の「結城紬」、八丈島の「八丈紬」、長野県の「信州紬」、
石川県の「白山紬」、沖縄の「久米島紬」などがあります。

江戸時代でも、養蚕農家では商品化できない
粗悪品の繭糸を使って「紬」を織り上げていたため、
「絹に見えないほど質素なもの」と思われており、
農民、町人など身分の低い人々にも着用が許されていましたが
現在では後継者不足などのため「結城紬」、「大島紬」などは人気が高く
珍重されるようになっております。

「紬のきもの」は、カジュアルなきものに位置づけされており、
一つ紋入りの色無地の紬を除いては、
正式な場への着用には向いていません。